私たちは、メディアを動かす。ハートを動かす。そして、付加価値を創造する。

テレビPRコラム

テレビPRコラム

テレビPRコラム トップページ
テレビPRを始める前の基礎知識
テレビ業界ってどんなトコロ?
テレビPRとプレスリリース
テレビPRを仕掛ける企画書
テレビPR成功時の対応術
テレビPRとPR会社
テレビ業界用語

私たちへのご相談は、お気軽に!

足りないピースをお探しの方。
私たちと、一緒に探させてください。

会社/団体
ご担当者様名
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
テレビPR ノウハウ満載!テレビPRコラム PR会社のテレビPRコラム。当HP人気の公開コンテンツです。テレビ業界の制作現場裏話など掲載。テレビPR前に参考にして頂ければ幸いです。 PR百問百答 PR会社や業界、テレビPRについて匿名質問を受付中です!お気軽にどうぞ。

テレビPR成功時の対応術

pict_02

上手なインタビュー対応術「カメラレンズは直視しない」

  •  次に、インタビュー取材のときの視線についてです。カメラレンズを直視する、いわゆる「カメラ目線」は避けましょう。
     カメラレンズを直視すると、どうなるのか……。その放送を見ている視聴者にとって、あなたから直視されている状態が続くことになります。テレビを通して目と目が合うわけです。しかもインタビュー中、ずっと見つめられていることになります。
  •  見知らぬ人間に、じーっと見つめられる……はっきり言って気分がいいものではありませんよね。カメラ目線は思った以上に視聴者に不快感を抱かせます。好みのタレントとなると話は別ですが(笑)。
  •  安倍晋三元首相は、支持率が落ちはじめたころからテレビ取材には必ずカメラレンズを直視して対応していたのを覚えておられますか?「国民に直接話しかける」といった意図があったようですが、結果は非難の嵐。新聞やテレビなどの主要メディアからバッシングされ続け、ついにカメラ目線は姿を消すことになりました。。
     一国の首相がやっても受け入れられなかったのですから、一般人であればなおさらです。
  •  取材を受ける際は、必ずリポーターや番組ディレクターがインタビュアーになります。インタビュアーに視線を移して受け答えをするようにしてください。特別、難しいことではありません。日常会話のときと同じように、相手に視線を持っていけばいいのです。カメラを意識しないで自然体で臨むよう心がけると良いでしょう。。
     ただ、ディレクターから「カメラレンズを見てコメントしてください」などの指示があった場合は、番組に必要な演出なので従ってください。
  • テレビPRを始める前の基礎知識
  • テレビ業界ってどんなトコロ?
  • テレビPRとプレスリリース
  • テレビPRを仕掛ける企画書
  • テレビPR成功時の対応術
  • テレビPRとPR会社
  • テレビ業界用語
ご相談・ご質問、コンペやお仕事の依頼などはこちらまで
  • お電話とメールフォームでの
    お問い合わせを受け付けております。
    お気軽にお声掛けください。
  • 03-5148-6601
  • WEB相談窓口