私たちは、メディアを動かす。ハートを動かす。そして、付加価値を創造する。

テレビPRコラム

テレビPRコラム

テレビPRコラム トップページ
テレビPRを始める前の基礎知識
テレビ業界ってどんなトコロ?
テレビPRとプレスリリース
テレビPRを仕掛ける企画書
テレビPR成功時の対応術
テレビPRとPR会社
テレビ業界用語

私たちへのご相談は、お気軽に!

足りないピースをお探しの方。
私たちと、一緒に探させてください。

会社/団体
ご担当者様名
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
テレビPR ノウハウ満載!テレビPRコラム PR会社のテレビPRコラム。当HP人気の公開コンテンツです。テレビ業界の制作現場裏話など掲載。テレビPR前に参考にして頂ければ幸いです。 PR百問百答 PR会社や業界、テレビPRについて匿名質問を受付中です!お気軽にどうぞ。

テレビ業界ってどんなトコロ?

pict_02

テレビ番組制作の現場(4)鳴り響く「幸せ」と「戸惑い」の連絡

  •  先に書いたように、制作現場のディレクターは、常にギリギリ、がけっぷち。取材協力先と連絡を取り合うのに時間的な余裕があればいいですが、生放送番組の場合、放送日の直前までネタを探し回っていることもしばしば。
  •   「あのう、明日取材させてほしいのですが……」
     などと、急に連絡することも間違いなくあります。かくいう私も、地域紹介コーナーや生中継コーナーを担当していたときには前日、ひどいときには当日の撮影現場で、いきなり取材のお願いをしたことも度々ありました。
  •  真剣に、PR活動を行おうと考えているのでしたら、テレビ側にこのような事情があることを覚えておき、どのような状況でも瞬時に対応できるだけの体制は整えておくことをおすすめします。突然の取材に対応できる体制を整えておけば取材される機会は広がり、せっかくのチャンスを逃がすようなことをしなくてすみますから。
  •  放送直前、ギリギリの状況下で舞い込んだ取材依頼を断ることは、もったいないことこの上ない。それに応えられる心づもりがあれば、いざというときに動じないですむので、念頭に置いておくのは無駄ではありません。
  •  そして、取材チャンスを逃さないためにも、勤務時間外であろうと休日であろうと、連絡が全くつかなくなるという状況は、避けるべきです。アフター5や休日にやむなく連絡を入れたが、誰ともつながらない。こうして人知れず、せっかくのチャンスを逃してしまうことは、意外に多いのです。
  •  テレビ業界の人間は、一般企業の人とは時間の感覚が異なります。その上、殊のほかせっかちです。そのことを理解しておいたほうがいいでしょう。
  •  必要なときに連絡がつかなければ、よほどの魅力がない限り、ほかをあたります。機会を逃さないためには、プレスリリースに、会社の連絡先だけではなく、携帯電話の番号を記すことも一つの方法でしょう。
  • テレビPRを始める前の基礎知識
  • テレビ業界ってどんなトコロ?
  • テレビPRとプレスリリース
  • テレビPRを仕掛ける企画書
  • テレビPR成功時の対応術
  • テレビPRとPR会社
  • テレビ業界用語
ご相談・ご質問、コンペやお仕事の依頼などはこちらまで
  • お電話とメールフォームでの
    お問い合わせを受け付けております。
    お気軽にお声掛けください。
  • 03-5148-6601
  • WEB相談窓口