私たちは、メディアを動かす。ハートを動かす。そして、付加価値を創造する。

テレビPRコラム

テレビPRコラム

テレビPRコラム トップページ
テレビPRを始める前の基礎知識
テレビ業界ってどんなトコロ?
テレビPRとプレスリリース
テレビPRを仕掛ける企画書
テレビPR成功時の対応術
テレビPRとPR会社
テレビ業界用語

私たちへのご相談は、お気軽に!

足りないピースをお探しの方。
私たちと、一緒に探させてください。

会社/団体
ご担当者様名
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
テレビPR ノウハウ満載!テレビPRコラム PR会社のテレビPRコラム。当HP人気の公開コンテンツです。テレビ業界の制作現場裏話など掲載。テレビPR前に参考にして頂ければ幸いです。 PR百問百答 PR会社や業界、テレビPRについて匿名質問を受付中です!お気軽にどうぞ。

テレビ業界ってどんなトコロ?

pict_02

テレビ番組制作の現場(2)「できません」は死んでも言えない

  •  では、なぜそんなに必死にネタを探すのか……。
     それには様々な要因があります。
  •  その一つとして、面白いネタを放送し続ける=クリエイターとしての能力を示し続けないと、どんどん有能な人間が登場してきて、
     「お前がいなくたって、替えはいくらでもいるんだからな」
     こんな宣告をされてお払い箱になってしまうのでは、というリストラ恐怖症が身に染み付いている業界ということがあるでしょう。
  •  しかし、もっとも恐ろしいのは、スポンサーが広告枠(CM)を買うために、数千万円もの大金を支払っているコーナーを、自分ひとりの責任で完成させなくてはならない、というプレッシャーです。
     ネタが見つからないからと言って、同僚のディレクターがネタを譲ってくれることはありません。同僚にだってそんな余裕はありませんから。もちろん、上層部がネタを用意してくれることもありません。
  •  決まらないのは担当ディレクター個人の能力の問題なのです。加えて、自分がネタを決められないと、迷惑を掛けることになる人間の数が半端ではないのです。スポンサー企業はもちろん、番組スタッフ、番組プロデューサー、放送局の営業担当者、自分の所属する制作会社にまで被害がおよびます。毎度毎度の放送で「数千万円の責任」というプレッシャーが自分にのしかかってくるのは、並大抵のストレスではありません。
  •  私が働いていたときにも、そのプレッシャーをめぐる事件がありました。
     とある日、放送を終えたスタッフルームに一本の電話が鳴り響きました。電話の主は、その日、ロケを担当していたカメラ技術のクルーからでした。
  •  「出発時間になってもディレクターが姿を見せないんだけど、スタッフルームにいる?」との問い合わせです。
     スタッフルームに姿はなく、あわてて、手の空いている人間で心当たりを探して見たものの、一向に見つからない。自宅に連絡を入れても本人は不在、家族は行方を知りませんでした。
  •  幸い、撮影スケジュールを記した紙が見つかり、代理の撮影ディレクターが取材現場に向かうことで落ち着きました。
     代理が現場に到着してみると、担当ディレクターが行方をくらませた理由がすぐに判明。なんと、スケジュールに記されていた現場では取材拒否をされており、次の現場は改修工事の真っ最中で、とても撮影できる状況になかったのです。
  •  担当ディレクターは、代わりのネタが見つからず、コーナーが埋まらないと悟り、恐ろしくなって逃亡してしまったのです。
     話は少し逸れてしまいましたが、テレビマンは失踪してしまうほどのプレッシャーを常に抱えながら、いつも仕事をしているのです。
  •  ちなみに、コーナーに穴が開いた場合は、ほかのニュース枠などの時間配分を増やして対処します。めったにありませんが。
  • テレビPRを始める前の基礎知識
  • テレビ業界ってどんなトコロ?
  • テレビPRとプレスリリース
  • テレビPRを仕掛ける企画書
  • テレビPR成功時の対応術
  • テレビPRとPR会社
  • テレビ業界用語
ご相談・ご質問、コンペやお仕事の依頼などはこちらまで
  • お電話とメールフォームでの
    お問い合わせを受け付けております。
    お気軽にお声掛けください。
  • 03-5148-6601
  • WEB相談窓口