私たちは、メディアを動かす。ハートを動かす。そして、付加価値を創造する。

テレビPRコラム

テレビPRコラム

テレビPRコラム トップページ
テレビPRを始める前の基礎知識
テレビ業界ってどんなトコロ?
テレビPRとプレスリリース
テレビPRを仕掛ける企画書
テレビPR成功時の対応術
テレビPRとPR会社
テレビ業界用語

私たちへのご相談は、お気軽に!

足りないピースをお探しの方。
私たちと、一緒に探させてください。

会社/団体
ご担当者様名
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
テレビPR ノウハウ満載!テレビPRコラム PR会社のテレビPRコラム。当HP人気の公開コンテンツです。テレビ業界の制作現場裏話など掲載。テレビPR前に参考にして頂ければ幸いです。 PR百問百答 PR会社や業界、テレビPRについて匿名質問を受付中です!お気軽にどうぞ。

テレビ業界 ってどんなトコロ?

pict_02

PRの狙い目は情報番組・ワイドショー番組

  •  テレビ番組は視聴率を上げるために、より面白い事柄や珍しいもの、視聴者に興味が湧く情報を放送しようとしています。そのため、情報(ネタ)の選別基準は厳しく、取り上げてもらうことは容易ではありません。そこで、広報体制の整っていない企業や、個人で情報提供をする場合に狙い目なのが、「情報番組」と「ワイドショー番組」です。
  •  この2つは、番組内のコーナー数が多いため、一つのコーナーあたりの時間配分が短いという特徴も持っています。コーナーの時間が短いということは、情報を伝える時間も短いということ。趣向を凝らした企画を練る必要は少なく、企画として通る条件も単純になってきますから、上手に魅力を伝える方法さえ提示できれば、どんな商品や情報、サービスでも、取り上げてもらえる確率はぐんと高くなるのです。
  •  しかし短時間であればあるほど、シンプルでわかりやすくなければ、視聴者に意図は伝わらないという側面もあるので、単純で理解しやすい内容を制作者側は求めているとも言えます。
  •  また、「情報番組」と「ワイドショー番組」は、通常、帯(オビ=月曜日?金曜日の毎日)で放送しているのもメリット。毎日毎日、放送するためには、多くのネタが必要となります。番組は、常に、新しいネタを探しているのです。週に一度の番組より、売り込みやすいのは明白でしょう。
  •  ここで、「新商品」がテーマの番組を放送すると考えてみてください。
  • 3分程度の新商品コーナーであれば、その日、もしくは近日中に発売される商品をいくつかピックアップして放送すれば、コーナーは成り立ちます。クリスマスの時期なら「プレゼントに最適な新商品特集」、夏休み前なら「キャンプグッズが続々登場!」といったタイムリー性を意識して、内容を構成すればいいわけです。 特別な演出を考える必要はなく、取材時にも商品だけが揃っていれば何とかなるでしょう。
  •  しかし、これが60分番組ならどうでしょうか?
  •  20個の新商品を3分ずつ、延々と紹介し続けるなどということが、許されるはずもありません。番組として成り立たないことは、簡単に想像できると思います。
  •  では、「新商品」をテーマにした60分番組を作ると仮定しましょう。わかりやすいところで、ドキュメンタリータッチの番組で考えてみます。当然、番組を面白く、魅力的なものにするには、企画を練る必要があり、ざっと考えても次のような要素が必要になります。
  •  ・商品の社会的存在意義
    ・開発者の商品開発への密着取材(仕事場)
    ・取材する開発者が背負う特別な事情(プライベート)
    ・ライバル会社の動き
    ・開発途中で想定される山場(トラブル)
    ・社会の反応
  •  このように、60分の番組を作るには、一つのことを深く掘り下げるために、詳細な企画内容と多くの取材を必要とします。多くの視聴者に共感や同意をしてもらえる内容(ドラマ性)がなければ、放送はありえないのです。
  •  長時間の放送枠を持つ、見ごたえのある特集番組や企画コーナーなどは、PRのためのクリアすべきハードルが高くなると言っていいでしょう。
  •  私はその「情報番組」でディレクターをしていました。様々な情報提供を受け、それを選別してきた経験を踏まえて、次回より「情報番組」「ワイドショー番組」への効果的・実践的なPR方法を徹底的に解説していきます。
  • テレビPRを始める前の基礎知識
  • テレビ業界ってどんなトコロ?
  • テレビPRとプレスリリース
  • テレビPRを仕掛ける企画書
  • テレビPR成功時の対応術
  • テレビPRとPR会社
  • テレビ業界用語
ご相談・ご質問、コンペやお仕事の依頼などはこちらまで
  • お電話とメールフォームでの
    お問い合わせを受け付けております。
    お気軽にお声掛けください。
  • 03-5148-6601
  • WEB相談窓口