私たちは、お客様を「演出」する。効果的に。魅力的に。わかりやすく。

芸能イベント型PR

芸能イベント実施イメージ

芸能イベントのリスクと注意点

  • 毎日の様に、各社企業が芸能人を招いた芸能イベントを開催しています。
    マスコミ各社に情報が提供され、テレビ局や各マスコミ媒体がそれぞれ会場に足を運び、
    取材したものが翌日の紙面や放送で紹介されているのです。
  • 芸能イベントにおいて細かい注意事項は沢山ありますが、
    多くのお客様が陥りやすい注意点と、リスクについて3つ、ご紹介します。

キャスティング

  • 芸能イベントの目的は、そのほとんどが商品や商材、ブランド認知の向上です。
    そこでPRイベントの目的とブランドイメージの間で起こる、
    キャスティングの問題が出てきます。
  • 認知向上を目的とするならば、旬の芸能人をキャスティングできるかどうかが
    その後の「報道量」を大きく左右します。
    ブランドイメージにはぴったりな女優さんを起用できたとしても、
    マスコミの興味が低い人選であれば
    その芸能イベント会場には、ほとんどマスコミは集まってくれません。
  • なぜなら、芸能イベントに取材に来るメディアは「芸能部」の記者だから。
    記者の本音は、お客様が発表する内容よりも、話題の女優さんのコメントが欲しいのです。
    だから、キャスティングはとても大事です。

イベント演出

  • 芸能イベントの実施で、キャスティングの次におこりがちな問題が「放送内容」です。
    もちろん、PRの特性上放送内容を思い通りにするすることはできませんが、
    翌朝の新聞、テレビ番組の報道内容を見てみると…
  • 「他の芸能人の結婚(訃報)に関するコメントのみだった」
    「その女優さんのプライベートな恋の話だけだった」
    なんていう悲しい結末を迎えた芸能イベントをしばしば見かけるのも事実です。
  • そうならないために、目玉となる演出を用意したり、
    イベント内容と商品との関連付けを強化したり、
    イベントの演出内容を強化することが大事です。

突発事案へのリスク

  • 私たちはこれまで数々の芸能イベントを手掛けてきましたが、不慮の事故・天災・政変など
    あらがえない「何か」が起こる可能性は捨てきれません。
  • この場合、翌日のマスコミの報道は、そちらの突発事案へ枠が割かれますので
    自然、芸能枠が少なくなり、最悪「全く報道が無い」なんていう事態も起きかねません。
  • 芸能イベントをもし実施する場合は、複合的なプロモーション施策の一つとして行うことが
    お客様にとっての最大のリスクヘッジとなります。
    例えば、「店頭との連動型」「Webブログ連動型」「SP連動型」など…。
  • マスコミの報道を見込んだ一か八かの芸能イベントを実施するよりも、
    リスクヘッジしたプロモーション施策とすることを、私たちは提案致します。
このページの内容をご覧になった方は、下記ページも参考にしています。
ご相談・ご質問、コンペやお仕事の依頼などはこちらまで
  • お電話とメールフォームでの
    お問い合わせを受け付けております。
    お気軽にお声掛けください。
  • 03-5148-6601
  • WEB相談窓口